技術士とは、21世紀のEngineering SAMURAIだ!

 

12年間勤務し続けてきた大手企業のサラリーマンを退職し、ITベンチャーの会社役員(取締役CTO)を経由し、そして、遂には、「坂東技術士事務所」まで立ち上げてしまいました。技術士(情報工学部門)と通訳案内士(英語)という肩書きを有しており、「ITとEnglishのプロフェッショナル」と自負しております。

 

国家公認の最高峰エンジニア資格である「技術士」と言えども、まだまだ若輩者ではございますが、「神戸から世界へ」を合言葉に一世一代の大仕事を成し遂げようと考えています。

 

ところで、

上記の「技術士」の漢字を見てお分かりのように、

技術士 = 技術(Engineering) + 士(SAMURAI) = Engineering SAMURAI

 

と読めます。

 

私個人は、「サムライ」とは常に自立した「自由人」であるべきと考えています。
個人も、組織も、色んな束縛から解放されて、もっともっと自由であるべきです。真の自由を得るためには、真の実力を身につけなければなりません。真の実力を有するプロフェッショナルのみが、真に自由な人生を過ごすことができるのです。

そして、その自由闊達な活動の結果として、「世のため、人のため」に役立つ仕事ができるのだと考えております。

近江商人の「三方良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)」を常に肝に銘じて生きております。

 

まだまだ微力ではありますが、私も「坂東技術士」として、「坂東技術士事務所」での業務を通じて、日本を含めて世界レベルで公益確保に努めて参る所存であります。

 

最後に、私の好きな詩を。

 

「この道を行けば どうなるものか?

 危ぶむなかれ 危ぶめば道は無し

 踏み出せば その一足が道となる

 迷わず行けよ 行けば分かるさ」

 

お電話

当事務所へのファーストコンタクトは、メールにてお願いします。
 

 

連絡先

daisukeアットマークbando-ipeo.com
(アットマークを@に読み替えてください)

© 2015

坂東技術士事務所

  • facebook